それぞれの楽しみ方で

NANA-IRO ELECTRONIC TOUR 2019

ASIAN KUNG-FU GENERATION×ELLEGARDEN×STRAIGHTENER

 

思い返せば高校時代、

先輩はテナーをコピーし、同期がエルレ、僕らはアジカンをコピーしていた。

言わずもがなどのバンドにも大なり小なりの思い入れがあるのだ。

 

3バンドによるツアー

間違いなくいい日になるだろうな。

そもそもチケット取れたことが奇跡だった。

 

駆け足早めて過ぎゆく想いはいつだって

 

めずらしくTシャツだって買った。

 

テナーからのスタート。

相変わらずナカヤマシンペイの煽り方はかっこいいなと思う。

新旧交えたセトリで場が温まっていく瞬間を感じた。

それはグッと沸騰するような湧き方じゃない。

それこそMCでエルレに雪解けが来たと触れたように(アジカンだったかも)

誰もが今日をどういう一日か理解するような

楽しもうとする気持ちを作れたであろうステージだった。

きっとこれはこのツアーの初日、

テナーが頭だったからこそできたのだと思う。

 

2組目はアジカン

贔屓目に見ても今回のベストアクトだったと思う。

それは盛り上がるセットリストだとかそういうことじゃなくて、

皆がそれぞれの楽しみ方で、感じるがままに、ここにいていいよっていう

スタンスを持ってくれるからかもしれない。

中盤、「ここにいてよかったんじゃねえかなってバンドの曲をやります」

こういうMCするとフジファブとかくるのかなっていつも思っていた。が。

 

『…ART-SCHOOLの〜』

まじか!!!!!!!

周りの人がどれくらいアートを普段聴いているのかわからない。

というか多分全然聴いたことない。それはそうだろうと思う。

会場で自分しか盛り上がらないんじゃないかと思った。

もちろんそんなわけもないんだけど。

 

誰もがいていい、そのことはこのカバーに表れていたと思う。

だってアートだぜ。エルレとかとは毛色も違うわけだ。

儚さ。いつだって救いを求めている。

生きていたいけど死んだっていい。でもやっぱり生きていたいな。

そんなことを誰にだってよくあるって木下が下手くそだけど歌うんだぜ。

きっと誰かは救われている。僕だってそうだ。

 

それをアジカンがやる。もちろん歌はゴッチの方がうまかった。

ありがとうアジカン

 

トリ、エルレ

ついに見るときが来た。

生きているとこんなことあるんだなって思った。

開始からもう会場はごちゃ混ぜ。

わかっていたけどエルレの客が多い。

いや、でもやっぱり感慨深いよ。

いくらちゃんと通ったわけじゃなくても知っている曲ばかり。

ベスト盤でも聴いているのかと思った。

 

細美さんのMCはかっこいいね。

フロントマンって感じがする。

別にMCを聞きに行ってるわけじゃないんだけど、

地に足ついたこと言ってるから皆かっこいいんだよな。

 

どのバンドもそれぞれコラボしていてそれもまたよかった。

 

3バンド一瞬で終わった。

いい日だった。

 

表現をまとめるって難しい。

とても長いことになってしまった。

リバイバルブームらしい

社会人2年目の盆になった。

 

相変わらず千葉に帰ってきた。(月1で帰ってきている)

 

2ヶ月くらい前、ポラロイズが志津ロックでライブをするということを知った。

(今年も志津ロックやるんだな。久しくサンストにも行ってないや)

(くさのねもタイミング的には行けないんだよな)

 

志津ロック、いつだろう?

え、お盆ですか。空白のスケジュールを埋めた。

 

2年以上ぶりにサンストに行く。

OKもなくなって、志津にもいろいろあるもんだと思った。

 

全部は見れない。

そんなタイミングで、どんなタイムテーブルになるか次第だった。

頭からQLTONEやるのかよ。とても嬉しい。

立て続けに見たいバンドだったので幸運だった。

 

オープン前にサンストに着く。

もうバンドやらなくなってからのほうが長くなる歳になった。

なんなら並び方すらよくわからん。

 

オープンした。

入口の小窓に白幡さんたちが見える。

開演までの15分が異常に長い。

 

待っている間にも、うみんちゅや神籔さんたちと会えて、感極まる。

 

QLTONEで始まってからは怒涛だ。

月がさやアシタカラホンキ!アオイハルや明くる夜の羊、そしてやっぱりポラロイズだ。

 

気づいたら俺は10年の月日を遡っていた。

あの日が走馬灯だったのかもしれない。

 

正直、高校〜大学のころは自分勝手もいいところ、とても周りに迷惑をかけてしまった。

ただ、その10年見ていたものは間違ってないものだと、揺るぎないものになった。

 

ふと志津から抜け出し、用事を終えて時計を見ると20:30

タイムテーブルを確認するとトリは21:20〜

 

気づいたら俺は志津SoundStreamだった。

QLTONEをもう一度見て、終演。最高。

 

ちょっとでも、またライブハウスと近い存在になれたらいいなと思いました。

ノンフィクションというフィクション

何年間隔かで起こる世間を騒がす凶悪な事件。ことの発端に差はあれど、世間を不安で包むことに大差はない。

 

よくある話だなと思っていた。ただ、それは画面越しの話であって、実際に遭遇するなんてことは想定していない。

 

今朝方、警察に男が襲撃し鉄砲を奪ったらしい。物騒な町だとは思っていたけれど、とうとう他人事ではなくなってきた。

 

友人と焼肉食べに行こうなんて話をしていたのに、まさか翌日焼肉にされる恐れがある日が来るなんて思ってもいなかった。

 

「心配しすぎだよ」

親しい人からよく言われる。どうにかしようと年中閉店セールをやっている古びた服屋のように、ポジティブになろうキャンペーンをやっているのだが在庫は掃けない。不安を売るビジネスがあれば億万長者もきっと夢ではないだろう。

 

集合するまでの暇つぶしとして市街へ来たことで在庫をまた一つ積んでしまった。襲われた警官の無事と焼肉にされないことを祈る。

落ち込む理由

頑張っている人がいる。

ちょっと離れてしまったところに。

それを見ていたら、元気が出た。

やってやろうと思った。

 

命削って、後も先もなくて、今で。

そんな生き方を見ていると、

感化されない訳がない。

 

偉人や有名な人でなく、

近い距離であったから思うことがある。

 

同じ方向を歩こうとしたら

多分感じることはできなかったと思う。

 

今が逆境だと思えるなら、

乗り越えた感動もひとしおってやつだ。

たいりょくのない

弱音を漏らさない。

 

嘘をついてしまう。

悲しい想像をして悲しくなる。

 

期待に応えられなそうだなとか、

そんなことばかりを考えて。

 

寝て起きて元気なら嬉しい。

朝の元気のまま一生生きていたい。

 

人目を気にしない人生を歩みたい。