リバイバルブームらしい

社会人2年目の盆になった。

 

相変わらず千葉に帰ってきた。(月1で帰ってきている)

 

2ヶ月くらい前、ポラロイズが志津ロックでライブをするということを知った。

(今年も志津ロックやるんだな。久しくサンストにも行ってないや)

(くさのねもタイミング的には行けないんだよな)

 

志津ロック、いつだろう?

え、お盆ですか。空白のスケジュールを埋めた。

 

2年以上ぶりにサンストに行く。

OKもなくなって、志津にもいろいろあるもんだと思った。

 

全部は見れない。

そんなタイミングで、どんなタイムテーブルになるか次第だった。

頭からQLTONEやるのかよ。とても嬉しい。

立て続けに見たいバンドだったので幸運だった。

 

オープン前にサンストに着く。

もうバンドやらなくなってからのほうが長くなる歳になった。

なんなら並び方すらよくわからん。

 

オープンした。

入口の小窓に白幡さんたちが見える。

開演までの15分が異常に長い。

 

待っている間にも、うみんちゅや神籔さんたちと会えて、感極まる。

 

QLTONEで始まってからは怒涛だ。

月がさやアシタカラホンキ!アオイハルや明くる夜の羊、そしてやっぱりポラロイズだ。

 

気づいたら俺は10年の月日を遡っていた。

あの日が走馬灯だったのかもしれない。

 

正直、高校〜大学のころは自分勝手もいいところ、とても周りに迷惑をかけてしまった。

ただ、その10年見ていたものは間違ってないものだと、揺るぎないものになった。

 

ふと志津から抜け出し、用事を終えて時計を見ると20:30

タイムテーブルを確認するとトリは21:20〜

 

気づいたら俺は志津SoundStreamだった。

QLTONEをもう一度見て、終演。最高。

 

ちょっとでも、またライブハウスと近い存在になれたらいいなと思いました。