それぞれの楽しみ方で

NANA-IRO ELECTRONIC TOUR 2019

ASIAN KUNG-FU GENERATION×ELLEGARDEN×STRAIGHTENER

 

思い返せば高校時代、

先輩はテナーをコピーし、同期がエルレ、僕らはアジカンをコピーしていた。

言わずもがなどのバンドにも大なり小なりの思い入れがあるのだ。

 

3バンドによるツアー

間違いなくいい日になるだろうな。

そもそもチケット取れたことが奇跡だった。

 

駆け足早めて過ぎゆく想いはいつだって

 

めずらしくTシャツだって買った。

 

テナーからのスタート。

相変わらずナカヤマシンペイの煽り方はかっこいいなと思う。

新旧交えたセトリで場が温まっていく瞬間を感じた。

それはグッと沸騰するような湧き方じゃない。

それこそMCでエルレに雪解けが来たと触れたように(アジカンだったかも)

誰もが今日をどういう一日か理解するような

楽しもうとする気持ちを作れたであろうステージだった。

きっとこれはこのツアーの初日、

テナーが頭だったからこそできたのだと思う。

 

2組目はアジカン

贔屓目に見ても今回のベストアクトだったと思う。

それは盛り上がるセットリストだとかそういうことじゃなくて、

皆がそれぞれの楽しみ方で、感じるがままに、ここにいていいよっていう

スタンスを持ってくれるからかもしれない。

中盤、「ここにいてよかったんじゃねえかなってバンドの曲をやります」

こういうMCするとフジファブとかくるのかなっていつも思っていた。が。

 

『…ART-SCHOOLの〜』

まじか!!!!!!!

周りの人がどれくらいアートを普段聴いているのかわからない。

というか多分全然聴いたことない。それはそうだろうと思う。

会場で自分しか盛り上がらないんじゃないかと思った。

もちろんそんなわけもないんだけど。

 

誰もがいていい、そのことはこのカバーに表れていたと思う。

だってアートだぜ。エルレとかとは毛色も違うわけだ。

儚さ。いつだって救いを求めている。

生きていたいけど死んだっていい。でもやっぱり生きていたいな。

そんなことを誰にだってよくあるって木下が下手くそだけど歌うんだぜ。

きっと誰かは救われている。僕だってそうだ。

 

それをアジカンがやる。もちろん歌はゴッチの方がうまかった。

ありがとうアジカン

 

トリ、エルレ

ついに見るときが来た。

生きているとこんなことあるんだなって思った。

開始からもう会場はごちゃ混ぜ。

わかっていたけどエルレの客が多い。

いや、でもやっぱり感慨深いよ。

いくらちゃんと通ったわけじゃなくても知っている曲ばかり。

ベスト盤でも聴いているのかと思った。

 

細美さんのMCはかっこいいね。

フロントマンって感じがする。

別にMCを聞きに行ってるわけじゃないんだけど、

地に足ついたこと言ってるから皆かっこいいんだよな。

 

どのバンドもそれぞれコラボしていてそれもまたよかった。

 

3バンド一瞬で終わった。

いい日だった。

 

表現をまとめるって難しい。

とても長いことになってしまった。