ノンフィクションというフィクション

何年間隔かで起こる世間を騒がす凶悪な事件。ことの発端に差はあれど、世間を不安で包むことに大差はない。 よくある話だなと思っていた。ただ、それは画面越しの話であって、実際に遭遇するなんてことは想定していない。 今朝方、警察に男が襲撃し鉄砲を奪…

落ち込む理由

頑張っている人がいる。 ちょっと離れてしまったところに。 それを見ていたら、元気が出た。 やってやろうと思った。 命削って、後も先もなくて、今で。 そんな生き方を見ていると、 感化されない訳がない。 偉人や有名な人でなく、 近い距離であったから思…

たいりょくのない

弱音を漏らさない。 嘘をついてしまう。 悲しい想像をして悲しくなる。 期待に応えられなそうだなとか、 そんなことばかりを考えて。 寝て起きて元気なら嬉しい。 朝の元気のまま一生生きていたい。 人目を気にしない人生を歩みたい。

いそしむ

少しづつな。大人になった俺、頑張っていこうぜ。

アウトプットの材料

個人としてのアウトプットの場とツールの準備をするために携帯とタブレットを買い替えた。 やってやりましょう。 2019年だし、2年目だし、土曜日だしね。

悲しんでいる暇もねえ

準備をしている 写真を撮ったりするための 読書の記録だって残せたらいい。 明日は早く起きれるかなあ 5年日記にもいろいろ書こう。

徒然な日々と無駄な思考

日々の記録と記憶を徒然なるままに書こうと思う。 大阪でひとり ワンルーム叙事詩/amazarashiを聞いている 伊坂幸太郎を読んでいる 本を読んでいる ギターを弾いている ビールを飲んでいる 相変わらずだが漠然とした不安に襲われている。 ゴールは見えない。…